携帯・スマホで0120・0800フリーダイヤル・フリーコール発着信。

0120フリーコールが携帯スマホアプリで発着信できる=ビジネスチャンスを逃しません。
新規の問い合わせや注文を0120フリーダイヤル・フリーコールで受けているが、外出のため電話が取れずに貴重なビジネスチャンスを逃してしまっているということはありませんか?

0120・0800番号を受付番号としている会社は、03番号を受付番号としている会社に比べて、意識的に電話からの注文や問い合わせに重きを置いているものと考えます。それなのに、外出していたため電話が取れずに案件を取りこぼしてしまうのは非常にもったいないことです。

このような不在中の電話の取りこぼしを防ぐための対策としては、
・電話番となるスタッフを雇う
・電話代行サービスを利用する
・携帯電話に転送する
などの方法が考えられますが、いずれもコストがかかってしまいます。

ネコールの「0120スマホ」を利用すると、いつでも携帯電話でフリーコール問い合わせを受けることができますし、折り返しの電話も0120番号から発信することができます。
ネコールの0120スマホは転送電話ではありません。固定電話をそのまま外へ持ち出す0120スマホアプリ。
従来の転送電話:0120番号への着信を転送した場合…
エンドユーザーの携帯から0120番号へ着信した時の料金は15.5円/1分。
その番号を携帯に転送した場合、0120番号から携帯電話への転送料金が15.5円/1分。
フリーコールを転送すると、着信で2倍の通話料金がかかってしまいます。

ネコールの0120スマホは転送ではないので転送料金がかかりません。
ネコールの0120スマホは転送電話ではなくスマホアプリでデータ通信を利用して発着信するため、転送料金がかからず0120番号への着信料金だけですみます。

0120スマホのご利用方法
ネコールの0120スマホは、スマートフォンで使えるSIPアプリを利用して発着信を行います。
まずは、AppStoreやAndroidマーケットで以下のアプリをダウンロード、インストールしてください。

スマホで発着信するのに必要なSIPフォンアプリ(推奨)

iOS:Acrobits Softphone(日本語/有料) Zoiper(英語/無料)
Android:Acrobits Softphone(日本語/有料) Zoiper(英語/無料) CsipSimple(日本語/無料)

各SIPアプリの設定方法

インストールしたアプリに、契約した0120番号のアカウント情報を入力するだけでスマホから発着信が行えるようになります。
0120スマホのご利用料金
項目初期費用月額費用
基本初期費用3,000円0円
0120番号利用料2,000円2,000円
地域番号利用料0円100円
チャンネル利用料0円1,200円
合計5,000円3,300円

複数台でご利用したい場合。

例えば固定電話機2台・スマートフォン2台の合計4台でご利用したい場合、クラウドPBX機能を利用して内線化すれば全ての端末で発着信が可能となります。 固定電話機2台、スマホ2台、4chで利用する場合の料金例
項目初期費用月額費用
基本初期費用3,000円0円
0120番号利用料2,000円2,000円
地域番号利用料0円100円
チャンネル利用料0円4,800円
内線グループ利用料3,000円1,500円
内線ID利用料4,000円2,000円
合計12,000円10,400円
固定電話・スマホを全て内線化し、ビジネスホンと同じ機能をクラウドで完結する仕組みです。
クラウドビジネスホンの詳細はこちら