03(0120)番号を固定電話1台、携帯電話2台で転送電話で発着信できるようにする方法。

固定電話と携帯電話を混在させて転送電話として03(0120)番号で発着信できるようにする場合

03番号転送電話:着信時の挙動


転送電話で着信を受け取る場合、「フル転送」という機能を利用します。
フル転送は、全ての着信を任意の電話番号に対して転送する機能です。
ガラケーの場合はもともと電話番号(※2、※3の番号)を持っているので、転送先として指定できます。

それに対し、固定電話はもともと電話番号を持っていませんので、別の番号を用意する必要があります。
既にご利用中の電話番号(※1)がある場合は、その番号を転送着信先の番号として設定することが可能ですが、既存の番号がビジネスホンとして複数台に設定されている場合は設定されている全ての電話機が鳴動します。転送着信コールは特定の電話機だけで着信したい場合はビジネスホンの主装置の設定を変更する必要があります。

ご利用中の電話番号がない場合は、弊社で新たに電話回線を契約する必要があります。
新たに契約した番号は転送着信専用の番号となりますので、既存の番号が設定されている全ての電話機が鳴動することはありません。

また、転送電話には相手の番号が表示されるものとされないものがありますが、弊社の9円でんわプランを利用する場合は転送電話でも相手の電話番号が表示されます。

Point1:転送電話として利用するためには、転送着信用の番号が別途必要。

Point2:着信時は相手の番号が表示される。



03番号転送電話:発信時の挙動

発信時には、まずはじめに弊社の用意したアクセスナンバーに電話を掛けます。
「相手先の電話番号を入力してください」というガイダンスが流れますので、相手先の電話番号を入力します。
相手先には、03-A番で着信通知されます。

上記は基本的にはネコール03モバイルと同様の説明となりますが、1点違う点は「固定電話を混在させている点」となります。
固定電話は転送着信用の電話番号を持っていないため、転送電話として利用する場合には、別途着信を受けるための電話番号が必要となります。
着信用の固定電話番号を既にお持ちの場合の料金見積もり
初期費用
項目単価個数金額
基本回線初期費用3,000円13,000円
IVR再発信初期費用2,000円36,000円
クラウドPBX設定初期費用1,000円33,000円
合計12,000円
※固定電話1台、携帯電話2台の合計3台に対して転送をかけるため、IVR再発信の設定数は3つ必要となります。
※IVR再発信は、発信時に03番号でかけるために必要な機能です。発信の必要はなく転送着信だけできれば良いという場合は必要ありません。


月額費用
項目単価個数金額
チャンネル利用料1,200円33,600円
IVR再発信利用料1,000円33,000円
03番号利用料100円1100円
クラウドPBX利用料500円31,500円
合計8,200円
※固定電話×1、携帯電話×2に対して転送をかけるため、チャンネル数は3つ必要となります。


通話料金
固定電話への発信9円/1分
携帯電話への発信9円/1分
着信時の転送料金9円/1分
※転送電話では、着信時に相手の電話番号が表示されるものと表示されないものがあります。弊社の場合は9円でんわプランをご利用いただくことで、着信時に相手の電話番号が表示されます。
※転送電話につき、着信時に転送通話料金がかかります。

ガラケーで03番号発着信をする場合は転送電話として設定する他ありませんが、スマホとSIP対応固定電話機の構成の場合は、クラウドビジネスホンとして利用することが可能です。
クラウドビジネスホンの概要はこちら。

お申込み・見積もり依頼はこちら