1秒課金で通話料金の無駄をカット。コールセンター業務の通話コストを削減。

短時間通話の場合、3分課金では必ず無駄が出る

N社などの8円/3分課金だと、10秒で電話を切られても、3分通話しても通話料金は8円。 課金プランを1秒単位にすることで、10秒の通話なら通話料金「1円+0.1円×10秒=2円」となります。 電話営業が多く、短時間通話が極端に多い会社様にとっては、大幅なコストダウンが期待できるプランです。

電話営業では全通話の約60%が30秒未満の短時間通話。

テレアポを主体とする会社様の通話状況を見ますと、平均的に30秒未満の短時間通話は約60%、1分未満は80%となります。極端に短時間通話会社様の場合は1分以内の通話が90%以上を占める場合もあります。このように、通話時間の分布に偏りがある会社様の場合は1秒課金を導入することで通話コスト削減が見込めます。

短時間通話に極端な偏りがあるようなお客様は1秒課金をおすすめ致します。

N社の3分課金とネコール1秒課金の通話料金シミュレーション

平均通話時間通話割合通話回数通話時間[分]N社(8円/3分)1円+0.1円/秒
30秒未満55%126,500回31,625分1,012,000円316,250円
30秒以上60秒未満20%46,000回34,500分368,000円253,000円
60秒以上120秒未満12%27,600回41,400分220,800円276,000円
120秒以上180秒未満8%18,400回46,000分147,200円294,400円
3分以上6分未満3%6,900回31,050分110,400円193,200円
6分以上9分未満1%2,300回17,250分55,200円105,800円
合計100%227,700回201,825分1,913,600円1,438,650円
条件:N社の固定電話:全国一律8円/3分のサービスをご利用の場合。
・実際にコールセンター業務を行っている会社様の通話時間分布、通話回数を例にシミュレーションしました。
ネコール1秒電話を導入すると、N社比で毎月47万5千円、年間にして570万円の通話コスト削減が見込めます。

初期費用・月額料金・1秒課金の通話料金

基本初期費用(1契約)3,000円
月額料金(1ch 1番号)1,300円/月
通話料金 固定電話 1円+0.1円/1秒
携帯電話1円+0.4円/1秒

初期費用:3,000円 月額料金1,300円から 1秒課金での電話回線をご利用になれます。

追加項目単位単価
追加チャンネルch1200円/月
追加番号100円/月
変更事務手数料2,000円
基本機能・オプション機能についてはこちら
お申込み・見積もり依頼はこちら