カテゴリー別アーカイブ: 03スマホ・スマホで固定電話番号発着信

Wi-Fi環境下でスマホIP電話アプリの通話が途切れる場合。

SIPアプリを使った03スマホの通話が途切れる原因
Acrobits SoftphoneなどのSIPアプリを利用した03スマホ、0120スマホをご利用されているお客様はネコールでも多いですが、Wi-Fi環境下で、通話が途切れたりノイズが走ったりする現象が報告されています。
原因としては、電話回線の問題やアプリの問題、通信環境の問題など様々考えられますが、多くの場合は通信環境の問題となります。
弊社は推奨通信環境として「キャリアSIMの4G接続」を推奨しています。では、なぜWi-Fiを推奨していないのか。この理由をWi-Fiの電波と携帯SIMの電波の特徴を比べながら書いていきたいと思います。
Wi-Fiは通信速度は速いが電波は弱い
Wi-Fiの電波の特徴
電波強度:弱い
通信速度:速い

携帯SIMの電波の特徴
電波強度:強い
通信速度:Wi-Fiに比べて遅い

通信速度が速いならWi-Fiの方が良いのでは?と思うかもしれませんが、SIP電話で通話する時に弊社が推奨する通信帯域は200kbpsと少ないため、それほど通信速度が必要ではなく、携帯SIMで十分と言えます。
Wi-Fiの電波強度と通信速度について
弊社内のWi-Fi環境下で、電波強度の強いところと弱いところでの通信速度を計測してみました。

電波強度の計測に利用したアプリ:Wi-Fiミレル
通信速度の計測に利用したアプリ:Wi-Fi SweetSpots

電波強度が強いところでの計測。

電波強度:81/100
通信速度:約30Mbps


電波強度が81/100のところでの通信速度は約30Mbps。
平均して速い通信速度が出ており、この環境下であれば音声が途切れることがありません。

電波強度が弱いところでの計測。

電波強度:18/100

通信速度:約0.1~0.2Mbps



電波強度が18/100と弱い場所での計測の場合、通信速度はわずか0.1Mbps~0.2Mbpsしか出ていませんでした。
SIP電話の通信で推奨される通信速度は200kbpsです。
1Mbps=1000Kbpsですので、0.1Mbps=100Kbpsとなり、推奨通信速度である200Kbpsに達していません。
このような環境では通話は途切れてしまいます。

Wi-Fiの通信速度は電波強度によって大きく変化するため、電波強度が強い特定の場所なら安定するが、電波強度の弱い場所に移動してしまうとたちまち通話品質が低下する恐れがある。ということがわかります。
推奨はキャリアSIMの4G接続。Wi-Fiなら電波強度の強い環境での利用を推奨。
Wi-Fiは通信制限などの心配がなく利用できるため、Wi-Fi環境下であればできるだけWi-Fiにつないでおきたいものです。
しかし、業務用のSIP電話としてスマホを利用する場合は、Wi-Fiに接続せずにキャリアSIMの4G接続で利用することを推奨しています。
キャリアSIMのデータ通信は、速度はWi-Fiほど速くはありませんが電波強度が強いため、常に安定した通信を行うことができます。
Wi-Fi環境下でご利用になる場合は、お客様宅内の電波強度などを調べて安定した通信環境を整備した上でご利用頂くことをお勧めします。


03(0120)番号を固定電話1台、携帯電話2台で転送電話で発着信できるようにする方法。

固定電話と携帯電話を混在させて転送電話として03(0120)番号で発着信できるようにする場合

03番号転送電話:着信時の挙動


転送電話で着信を受け取る場合、「フル転送」という機能を利用します。
フル転送は、全ての着信を任意の電話番号に対して転送する機能です。
ガラケーの場合はもともと電話番号(※2、※3の番号)を持っているので、転送先として指定できます。

それに対し、固定電話はもともと電話番号を持っていませんので、別の番号を用意する必要があります。
既にご利用中の電話番号(※1)がある場合は、その番号を転送着信先の番号として設定することが可能ですが、既存の番号がビジネスホンとして複数台に設定されている場合は設定されている全ての電話機が鳴動します。転送着信コールは特定の電話機だけで着信したい場合はビジネスホンの主装置の設定を変更する必要があります。

ご利用中の電話番号がない場合は、弊社で新たに電話回線を契約する必要があります。
新たに契約した番号は転送着信専用の番号となりますので、既存の番号が設定されている全ての電話機が鳴動することはありません。

また、転送電話には相手の番号が表示されるものとされないものがありますが、弊社の9円でんわプランを利用する場合は転送電話でも相手の電話番号が表示されます。

Point1:転送電話として利用するためには、転送着信用の番号が別途必要。

Point2:着信時は相手の番号が表示される。



03番号転送電話:発信時の挙動

発信時には、まずはじめに弊社の用意したアクセスナンバーに電話を掛けます。
「相手先の電話番号を入力してください」というガイダンスが流れますので、相手先の電話番号を入力します。
相手先には、03-A番で着信通知されます。

上記は基本的にはネコール03モバイルと同様の説明となりますが、1点違う点は「固定電話を混在させている点」となります。
固定電話は転送着信用の電話番号を持っていないため、転送電話として利用する場合には、別途着信を受けるための電話番号が必要となります。
着信用の固定電話番号を既にお持ちの場合の料金見積もり
初期費用
項目単価個数金額
基本回線初期費用3,000円13,000円
IVR再発信初期費用2,000円36,000円
クラウドPBX設定初期費用1,000円33,000円
合計12,000円
※固定電話1台、携帯電話2台の合計3台に対して転送をかけるため、IVR再発信の設定数は3つ必要となります。
※IVR再発信は、発信時に03番号でかけるために必要な機能です。発信の必要はなく転送着信だけできれば良いという場合は必要ありません。


月額費用
項目単価個数金額
チャンネル利用料1,200円33,600円
IVR再発信利用料1,000円33,000円
03番号利用料100円1100円
クラウドPBX利用料500円31,500円
合計8,200円
※固定電話×1、携帯電話×2に対して転送をかけるため、チャンネル数は3つ必要となります。


通話料金
固定電話への発信9円/1分
携帯電話への発信9円/1分
着信時の転送料金9円/1分
※転送電話では、着信時に相手の電話番号が表示されるものと表示されないものがあります。弊社の場合は9円でんわプランをご利用いただくことで、着信時に相手の電話番号が表示されます。
※転送電話につき、着信時に転送通話料金がかかります。

ガラケーで03番号発着信をする場合は転送電話として設定する他ありませんが、スマホとSIP対応固定電話機の構成の場合は、クラウドビジネスホンとして利用することが可能です。
クラウドビジネスホンの概要はこちら。

お申込み・見積もり依頼はこちら

Acrobits Softphone(Android版)の設定方法 図解

Acrobits Softphone(Android版)の初期設定方法


アクロビッツソフトフォンをインストール

Google APP ストアからAcrobits Softphoneを購入・インストールする。


アクロビッツソフトフォンのプッシュ通知許可

アプリを立ち上げ、右側をタップ。プッシュ通知を利用するかしないかのチェックです。


アクトビッツソフトフォンSIPアカウント新規作成

「新しいSIPアカウント」をタップ


アクトビツソフトフォンのアカウント設定

アカウント情報を入力。
タイトル(任意)
なんでも良いです。
ユーザー名
アカウント情報のユーザー名を入力
パスワード
アカウント情報のパスワードを入力
ドメイン
アカウント情報のドメインを入力
表示名(任意)
なんでも良いです。空でもOK。

ユーザー名、パスワード、ドメインが間違っているとレジストできませんので正確に入力ください。


アクロビッツソフトフォン・アカウント設定後の画面

アカウント設定→OKを押した後の画面
「naisen006」はタイトルで指定したものです。


アクロビッツソフトフォンの電話キーパッドに戻った時の画面

電話キーパッドに戻った時の画面。
左上に「タイトル-起動中-着信可能」 と表示されたら成功です。 「タイトル-サーバー登録」 と表示される場合は、設定内容に何かしらの誤りが ありますので、もう一度確認してください。

プッシュ通知の設定


アクロビッツソフトフォンのアカウント再設定方法

右上の「:」(実際は三点)をタップし、「設定」をタップしてください。


アクロビッツソフトフォン、プッシュ通知再設定

プッシュ通知をタップ。


アクロビッツソフトフォン、プッシュ通知再設定2

「プッシュ通知」にチェックが入っていることを確認
入っていなければチェックを入れる。
※プッシュ通知を許可することで、アプリがバックグラウンドで起動していない状態でも着信を取ることができます。

その他のSIPアプリの設定方法

国際電話通話料金が0円!海外出張の多いビジネスマン必見のクラウド電話

国際電話料金は0円。国内通話料金だけで固定電話にも携帯電話にも電話がかけれます。

03スマホで国際電話もどこからでもかけれます。
ネコールの03スマホを海外に持っていけば、海外からでも日本の固定電話や携帯電話に国内通話料金で電話することができます。
仕組みとしては、海外からの発信をインターネット回線で日本国内のネコールのクラウド拠点まで飛ばすことで、国際電話料金を0円にすることができ、実質かかる通話料金は国内のネコール拠点から国内の電話機までの料金となります。
通常イタリアから日本までの国際電話料金がかかるところを、インターネットでワープさせてるような感覚です。

通話品質は海外でのインターネット環境に左右されます。
低速回線の場合は通話品質が著しく悪くなる可能性がありますので、WiFiやLTE同等の回線スピードを推奨します。

最近は海外旅行中の日本への連絡はLINEやFacebookなどでやり取りできるのでそれで十分という方も多いと思います。
しかし、LINEやFacebookはアカウントを知っている同士でないとやり取りできないという欠点があります。
例えば、海外旅行・出張中に日本国内の固定電話番号(美容室の予約をしたいとか、取引先に電話しないといけないとか)に電話をしないといけない時、一般的にはLINEやFacebookからではできないので携帯電話から高い国際電話料金を払って電話をしなければなりません。

遊びでの旅行の場合はまだ良いですが、仕事での出張の場合は何かと電話をしないといけない機会も多いでしょう。
そんな時にネコール03スマホを契約していれば、海外からでも国内通話料金のみで通話することができます。

日本国内にいる人にとってもありがたい。国内通話料金で海外に電話ができる。

あなたが海外にいる時に、国内にいる人があなたに電話をしたい時。
通常なら国際電話料金がかかってしまい、電話をかける側に負担をかけてしまいます。
ですが、ネコール03スマホを事前に契約しておいて、「海外にいる時にはこの番号に電話してね」と伝えておけば、国内から海外にいるあなたに電話をかけた時も国内通話料金と同じ料金で電話をすることができます。

SIP電話機なら固定電話機+有線接続で利用することも可能です。

SIP電話機にアカウント設定をすれば、LANケーブルにつないで固定電話機で発着信することも可能です。
有線接続なのでスマホよりも通話が安定します。長期滞在の場合や海外支社で電話を受けたいという場合はこちらをお勧めします。
東京03番号への電話問い合わせをシンガポールで受けるというような使い方もできます。(需要があるかどうかわかりませんが)

ネコールのスマホで0円国際電話まとめ

  • 海外からネコール03スマホで日本に通話→国内通話料金で電話できる。
  • 日本から海外のネコール03スマホに通話→国内通話料金で電話できる。
  • 利用できる番号は03,06,050,0120,0800番号
  • 固定のSIP電話機でも利用可能。
  • 初期費用:3,000円 / 月額費用:1,300円 から利用可能

携帯・スマホで0120・0800フリーダイヤル・フリーコール発着信。

0120フリーコールが携帯スマホアプリで発着信できる=ビジネスチャンスを逃しません。
新規の問い合わせや注文を0120フリーダイヤル・フリーコールで受けているが、外出のため電話が取れずに貴重なビジネスチャンスを逃してしまっているということはありませんか?

0120・0800番号を受付番号としている会社は、03番号を受付番号としている会社に比べて、意識的に電話からの注文や問い合わせに重きを置いているものと考えます。それなのに、外出していたため電話が取れずに案件を取りこぼしてしまうのは非常にもったいないことです。

このような不在中の電話の取りこぼしを防ぐための対策としては、
・電話番となるスタッフを雇う
・電話代行サービスを利用する
・携帯電話に転送する
などの方法が考えられますが、いずれもコストがかかってしまいます。

ネコールの「0120スマホ」を利用すると、いつでも携帯電話でフリーコール問い合わせを受けることができますし、折り返しの電話も0120番号から発信することができます。
ネコールの0120スマホは転送電話ではありません。固定電話をそのまま外へ持ち出す0120スマホアプリ。
従来の転送電話:0120番号への着信を転送した場合…
エンドユーザーの携帯から0120番号へ着信した時の料金は15.5円/1分。
その番号を携帯に転送した場合、0120番号から携帯電話への転送料金が15.5円/1分。
フリーコールを転送すると、着信で2倍の通話料金がかかってしまいます。

ネコールの0120スマホは転送ではないので転送料金がかかりません。
ネコールの0120スマホは転送電話ではなくスマホアプリでデータ通信を利用して発着信するため、転送料金がかからず0120番号への着信料金だけですみます。

0120スマホのご利用方法
ネコールの0120スマホは、スマートフォンで使えるSIPアプリを利用して発着信を行います。
まずは、AppStoreやAndroidマーケットで以下のアプリをダウンロード、インストールしてください。

スマホで発着信するのに必要なSIPフォンアプリ(推奨)

iOS:Acrobits Softphone(日本語/有料) Zoiper(英語/無料)
Android:Acrobits Softphone(日本語/有料) Zoiper(英語/無料) CsipSimple(日本語/無料)

各SIPアプリの設定方法

インストールしたアプリに、契約した0120番号のアカウント情報を入力するだけでスマホから発着信が行えるようになります。
0120スマホのご利用料金
項目初期費用月額費用
基本初期費用3,000円0円
0120番号利用料2,000円2,000円
地域番号利用料0円100円
チャンネル利用料0円1,200円
合計5,000円3,300円

複数台でご利用したい場合。

例えば固定電話機2台・スマートフォン2台の合計4台でご利用したい場合、クラウドPBX機能を利用して内線化すれば全ての端末で発着信が可能となります。 固定電話機2台、スマホ2台、4chで利用する場合の料金例
項目初期費用月額費用
基本初期費用3,000円0円
0120番号利用料2,000円2,000円
地域番号利用料0円100円
チャンネル利用料0円4,800円
内線グループ利用料3,000円1,500円
内線ID利用料4,000円2,000円
合計12,000円10,400円
固定電話・スマホを全て内線化し、ビジネスホンと同じ機能をクラウドで完結する仕組みです。
クラウドビジネスホンの詳細はこちら

CSipSimple(Android) 設定方法・スマホで03番号発着信

ネコールのSIPアカウントをCSipSimpleに設定すれば、Android端末からアプリで03番号などの固定電話番号で発着信できます。
会社の固定電話あての電話もスマホで着信、折り返しの際も会社番号でスマホから発信できます。
取引先にも個人の携帯電話番号を教えることなく、いつでもどこでも連絡を取ることが可能となります。
03番号だけでなく、06、050、0120番号での発着信も可能です。

CSipSimpleをダウンロード

Google storeからCSipsimpleをダウンロードする。


CSipSimpleをインストール・アクセスに同意する。

CSipSimpleを立ち上げ、同意するをタップ。


CSipSimpleの簡易設定

図のようにチェックを入れて保存をタップ。※


CSipSimpleのアカウント追加

アカウントを追加をタップ。


CSipSimpleのアカウント追加2

一般ウィザード、Basicをタップ。


CSipSimpleのアカウント設定画面

アカウントを編集する画面に移動します。弊社から送付したアカウント情報をそれぞれ入力してください。
アカウント名は自分のわかりやすい名前で大丈夫です。


CSipSimpleのアカウント設定完了

登録済みとなったらOKです。


CSipSimpleのアカウント設定完了確認

登録した番号から発着信できるようになります。


元々携帯電話に入っているダイヤラーの履歴と同期したくない場合は「Androidと統合」のチェックを外してください。

使用はLTE、もしくはWiFi環境下でご利用下さい。3G環境下の場合、著しく音質が低下する場合がございますのでご了承下さい。
ネコールの03スマホアプリ ご利用料金
項目初期費用月額費用
基本料金(1ch 1番号)3,000円1,300円/月
合計3,000円1,300円/月
詳しくはこちら「スマートフォンで内線・03番号発着信」をご覧ください。
その他のSIPアプリの設定方法

ネコール03スマホと固定電話を両方使いたい場合。

外ではネコール03スマホ、会社では固定電話を使いたい場合の対処法
会社を立ち上げてまずは固定電話はいらないからネコール03スマホで固定電話番号を契約したが、しばらく経って事務所を構えて従業員が増えるにつれて固定電話が必要になった。
そんな時でもネコールなら番号を変える必要なくすぐに固定電話を増やし、さらにスマホと固定電話を内線化することができます。
「ネコール03スマホ」+「固定電話」+「クラウドPBXで内線化」
設備不用で、ビジネスフォンと同じ機能が使えるようになります。
2台のネコール03スマホと、3台の固定電話で利用したい場合
構成:1番号、5ch、1内線グループ、5内線ID
項目個数初期費用月額費用
基本初期費用13,000円0円/月
チャンネル利用料50円6,000円
番号利用料10円100円
内線グループ13,000円1,500円
内線ID55,000円2,500円
クラウドPBXを使った内線化は、ビジネスフォン主装置などが必要なく、場所に依存することなくすぐにビジネスフォンと同様の機能が利用できることです。 また、端末の追加も1台単位から100台でも増やすことができます。
※通常のビジネスフォンでは、8台、16台などと決まった台数ずつしか増やすことができなかったりします。

但し、クラウドPBXは内線機能を利用する利用料金が毎月かかりますので、内線数や利用年数によってはビジネスフォン・PBXを購入する方が結果的に安くなる場合もありますので、機材購入費、リース代金、保守管理費などを総合的に比較して選択すると良いと思います。

Zoiper(iOS版)の設定方法。スマホで固定電話番号発着信

Zoiperを起動。

zoiperのSIPアカウント設定

右下のsetting をタップ。


zoiperのSIPアカウント設定2

Accountをタップ。

zoiperのSIPアカウント設定3

右上の「+」をタップ。

zoiperのSIPアカウント設定4

「YES」をタップ。

zoiperのSIPアカウント設定5

「Manual Configration」をタップ。

zoiperのSIPアカウント設定6

「SIP account」をタップ。

zoiperのSIPアカウント設定7

SIP OPTIONS にアカウント情報を入力→Registerをタップ。

ご契約後、SIPアカウント情報をお客様にパスワード保護されたPDFファイルにてお伝え致します。

アカウント情報を「SIPアカウント詳細」欄に記入して頂けますとすぐにお使いになれます。

ネコールの03スマホアプリ ご利用料金
項目初期費用月額費用
基本料金(1ch 1番号)3,000円1,300円/月
合計3,000円1,300円/月
詳しくはこちら「スマートフォンで内線・03番号発着信」をご覧ください。
その他のSIPアプリの設定方法

Acrobits Softphone(iOS)の設定方法。スマホで固定電話番号発着信。

スマートフォンで03発着信。Acrobits Softphone(iOS版)設定方法図解
App Store で「Acrobits」と検索すると、Acrobits Softphone – SIP phone for VoIP calls というアプリが出てきますのでダウンロード・インストールしてください。

● はじめてインストールする場合
アクロビッツソフトフォンをインストール・アプリ起動

Acrobits SoftphoneをApp Storeからダウンロード・インストールしてアプリを起動。

アクロビッツソフトフォン、プッシュ通知の設定

右側のボタン「Use Push Notification」をタップ。※1

アクロビッツソフトフォンSIPアカウントの設定

「一般的なSIPアカウント」をタップ

アクロビッツソフトフォンSIPアカウントの入力

Necallの開通情報に記載されている情報を入力し、右上の「保存」をタップ。※2

アクロビッツソフトフォンSIPアカウント設定完了

左上の「詳細設定」をタップ

アクロビッツソフトフォンSIPアカウント設定完了2

右上の「完了」をタップ。

アクロビッツソフトフォンSIPアカウント設定完了確認

ダイヤル画面の左上「03スマホテスト」の部分が緑になっていればOKです。

※1
プッシュ通知の許可をするかどうかの選択です。プッシュ通知を利用すると、アプリをバックグラウンドで立ち上げていない状態でも着信が可能となりますので、電池の消費を防ぐことができます。
着信の方法は後から変更することができます。

※2
アカウント情報の「タイトル」と「表示名」はお好きな名前をご記入ください。
「ユーザー」「パスワード」「ドメイン」は、Necallの開通情報に記載されているものです。パスワードなどの誤記入があった場合は電話の発着信ができませんのでお気を付けください。コピペ推奨です。

● インストール後再設定する場合。
アクロビッツソフトフォンSIPアカウント再設定

右上の「詳細設定」をタップ

アクロビッツソフトフォンSIPアカウント再設定2

SIPアカウントをタップ

アクロビッツソフトフォンSIPアカウント再設定3

右上の「+」をタップ

アクロビッツソフトフォンSIPアカウント再設定4

「一般的なSIPアカウント」をタップ

アクロビッツソフトフォンSIPアカウント再設定5

「SIPアカウント詳細」にアカウント情報を入力→保存をタップ。

*

お申込み受理後、SIPアカウント情報をお客様にパスワード保護されたPDFファイルにてお伝え致します。
アカウント情報を「SIPアカウント詳細」欄に記入して頂けますとすぐにお使いになれます。

ネコールの03スマホアプリ ご利用料金
項目初期費用月額費用
基本料金(1ch 1番号)3,000円1,300円/月
合計3,000円1,300円/月
詳しくはこちら「スマートフォンで内線・03番号発着信」をご覧ください。
その他のSIPアプリの設定方法

スマホ・ガラケーで03番号発着信(06・050・0120番号も可)

スマホ・ガラケーで固定電話番号で発着信をする方法
スマートフォン・携帯電話を使って会社の番号で発着信したい場合、ネコールのサービスでは以下の二つを提案できます。
  • IVR再発信での03発着信(03モバイルIVR)
    アクセス番号を中継・転送して、スマホ・ガラケーから会社番号で発着信できるサービス。

  • SIPアプリでの03発着信(03スマホアプリ)
    スマートフォンのSIPアプリを使って、会社番号で発着信できるサービス。

上記サービスにはそれぞれメリット・デメリットがあります。

通話料金と対応端末
サービス名着信転送料発信通話料 固定 / 携帯PHSガラケースマホ
03モバイルIVR15.5円/1分7.5円/3分 15.5円/1分 ※
03スマホアプリ無料7.5円/3分 15.5円/1分××
※03スマホIVRは、携帯の契約がかけ放題でない場合は、携帯から拠点(契約番号)までの通話料金がかかります。
メリット・デメリット
サービス名メリットデメリット
03モバイルIVR
  • 通信が安定したモバイル回線を利用。
  • 手持ちのモバイル端末で利用可能。
  • 拠点→携帯電話までの着信転送料金がかかる。
  • かけ放題でない場合は、「携帯→拠点までの発信料金」+「拠点→掛け先への発信料金」がかかる。
03スマホアプリ
  • 携帯のデータ通信を利用。
  • 手持ちのモバイル端末で利用可能
    着信転送料無料。
  • 通話品質が携帯電話に比べて多少落ちる。
  • 通信の安定性が携帯電話に比べて多少落ちる。
  • アプリをバックグラウンドで起動させていると充電が減るのが早い
サービス利用料金
サービス名項目初期費用月額費用
03モバイルIVR 初期工事費3,000円0円
IVR再発信機能2,000円1,000円
チャンネル利用料0円1,200円
番号利用料0円100円
合計5,000円2,300円
サービス名項目初期費用月額費用
03スマホアプリ 初期工事費3,000円0円
チャンネル利用料0円1,200円
番号利用料0円100円
合計3,000円1,300円
 音質、安定性の点では、03モバイルIVRの方が、データ通信(パケット通信)03スマホアプリよりも若干優れていると言えますが、現在はデータ通信速度、音質の向上により03スマホアプリも十分にビジネスでも問題なく利用できるレベルになっております。
 また、03スマホアプリは格安SIM(MVNO)のデータ通信で利用できるため900円/月くらいでご利用可能です。
SIMフリーのandroidスマートフォンも安い物でしたら10,000円程度で購入可能ですので、会社の業務用端末を多数準備しないといけない場合は端末購入コストを抑えることが出来ます。
 03スマホアプリは、03モバイルIVRに比べて若干通信の安定性や音質の面で劣りますので、テスト的にご利用頂いた後にご判断いただけますと幸いです。
※03スマホアプリのご利用はLTE環境下を想定しています。3G環境下では音声品質の保証はできません。