カテゴリー別アーカイブ: フリーダイヤル・フリーコール

0120ナンバーポータビリティでの電話回線切り替え工事の時に電話が止まらない方法。

ビジネスホンなどの設定変更・電話工事の時も電話を止めずに工事できます。

0120・0800ナンバーポータビリティでの回線切り替えの際は、ビジネスホン主装置の再設定などでどうしても時間がかかってしまい、その間電話が使えない状態となってしまうのが一般的です。
しかし、電話工事中に大切なお客様からの電話を取りこぼすことは、ビジネスチャンスの損失になります。
そこでネコール回線に切り替える際の電話工事の場合はIPフォンを無料で貸し出し、一時的に新回線の着信をIPフォンで受けられるようにして、その間に主装置の設定を行うようにしております。

電話工事手順

  1. 電話工事担当者が現場に到着
  2. IPフォンの設定を行う。
    ナンバーポータビリティが行われた瞬間から既存回線では電話が受けれなくなるため、事前にIPフォンで着信できるように設定しておきます。この時は既存の回線で電話が使えます。
  3. キャリア側でナンバーポータビリティが完了
    この時、既存の回線では0120/0800番号の着信が受けることができなくなりますが、IPフォンに新回線の設定を入れておりますのでIPフォンでお客様からの着信を受けることができます。
  4. ビジネスホンの設定
    IPフォンで電話が受けている間にビジネスホンの設定を完了させます。
  5. 設定完了
    今まで通り、同じ0120/0800番号で業務が再開できます。
※IPフォンは固定電話だけでなく、スマートフォンのアプリでも利用可能です。

ロケーション&デバイスフリーのネコールIP電話だからできる解決方法。

従来の電話回線は物理回線と電話番号が紐づいているため、その場所でしか電話を発着信することができませんでしたがネコールのIP電話は、電話番号がクラウド上にあるためSIPアカウントを設定すればいつでもどこでも利用できます。
電話を発着信する端末も、SIP電話機だけでなく、スマートフォンのアプリや、PCにインストールするソフトフォンでも利用可能です。
ビジネスホンが故障した際や、停電などの緊急事態でも、スマホや別の場所でも発着信可能となりますので、ロケーションフリー、デバイスフリーであることは電話ビジネスにおけるリスクの回避策としても非常に有効な手段となります。

0120/0800フリーダイヤル・フリーコールは番号ポータビリティでそのまま使えます。

番号そのままで0120/0800フリーダイヤル・フリーコールのコストを削減!

ネコールのフリーコールは、NTT、ソフトバンク、KDDIなど他社でお使いの番号でもナンバーポータビリティで現在お使いの番号を変えずに利用でき、通話料金も全国一律料金で他社よりも大幅に安くなりますので通信コストの削減が可能です。

ネコールフリーコールについてはこちら

0120/0800番号・ナンバーポータビリティについて。

  • 他社からネコールへの番号ポータビリティできる番号。
    0120 および 0800から始まる番号。
  • 番号ポータビリティ手続き
    当社が指定する番号ポータビリティ申込書によるお申し込みを行っていただきます。番号ポータビリティをご希望の方は、申込書をメールにて送信致しますので、お問合せフォーム・お申込みフォームよりご連絡ください。
    他社着信課金サービスの契約者名と番号ポータビリティ申込書の申込者名が異なると申込不可となる場合がありますのでご注意ください。
  • 番号ポータビリティの対応時間帯
    番号ポータビリティ工事は平日の日勤帯(9 時~17 時)で行います。
  • 番号ポータビリティ完了までの期間
    お申込みから3週間ほど頂いております。

他社からの番号ポータビリティ(転入)の料金

0120番号×1番号、1chでご利用の場合の転入料金
初期費用・項目単価個数金額
番号ポータビリティ転入費用2,000円12,000円
0120番号利用初期費用2,000円12,000円
基本初期費用3,000円13,000円
初期費用合計7,000円
月額利用料・項目単価個数金額
0120番号利用料2,000円12,000円
チャンネル利用料1,200円11,200円
裏番号利用料100円1100円
月額利用料合計3,300円
初期費用に電話工事費などは含まれておりません。

携帯・スマホで0120・0800フリーダイヤル・フリーコール発着信。

0120フリーコールが携帯スマホアプリで発着信できる=ビジネスチャンスを逃しません。
新規の問い合わせや注文を0120フリーダイヤル・フリーコールで受けているが、外出のため電話が取れずに貴重なビジネスチャンスを逃してしまっているということはありませんか?

0120・0800番号を受付番号としている会社は、03番号を受付番号としている会社に比べて、意識的に電話からの注文や問い合わせに重きを置いているものと考えます。それなのに、外出していたため電話が取れずに案件を取りこぼしてしまうのは非常にもったいないことです。

このような不在中の電話の取りこぼしを防ぐための対策としては、
・電話番となるスタッフを雇う
・電話代行サービスを利用する
・携帯電話に転送する
などの方法が考えられますが、いずれもコストがかかってしまいます。

ネコールの「0120スマホ」を利用すると、いつでも携帯電話でフリーコール問い合わせを受けることができますし、折り返しの電話も0120番号から発信することができます。
ネコールの0120スマホは転送電話ではありません。固定電話をそのまま外へ持ち出す0120スマホアプリ。
従来の転送電話:0120番号への着信を転送した場合…
エンドユーザーの携帯から0120番号へ着信した時の料金は15.5円/1分。
その番号を携帯に転送した場合、0120番号から携帯電話への転送料金が15.5円/1分。
フリーコールを転送すると、着信で2倍の通話料金がかかってしまいます。

ネコールの0120スマホは転送ではないので転送料金がかかりません。
ネコールの0120スマホは転送電話ではなくスマホアプリでデータ通信を利用して発着信するため、転送料金がかからず0120番号への着信料金だけですみます。

0120スマホのご利用方法
ネコールの0120スマホは、スマートフォンで使えるSIPアプリを利用して発着信を行います。
まずは、AppStoreやAndroidマーケットで以下のアプリをダウンロード、インストールしてください。

スマホで発着信するのに必要なSIPフォンアプリ(推奨)

iOS:Acrobits Softphone(日本語/有料) Zoiper(英語/無料)
Android:Acrobits Softphone(日本語/有料) Zoiper(英語/無料) CsipSimple(日本語/無料)

各SIPアプリの設定方法

インストールしたアプリに、契約した0120番号のアカウント情報を入力するだけでスマホから発着信が行えるようになります。
0120スマホのご利用料金
項目初期費用月額費用
基本初期費用3,000円0円
0120番号利用料2,000円2,000円
地域番号利用料0円100円
チャンネル利用料0円1,200円
合計5,000円3,300円

複数台でご利用したい場合。

例えば固定電話機2台・スマートフォン2台の合計4台でご利用したい場合、クラウドPBX機能を利用して内線化すれば全ての端末で発着信が可能となります。 固定電話機2台、スマホ2台、4chで利用する場合の料金例
項目初期費用月額費用
基本初期費用3,000円0円
0120番号利用料2,000円2,000円
地域番号利用料0円100円
チャンネル利用料0円4,800円
内線グループ利用料3,000円1,500円
内線ID利用料4,000円2,000円
合計12,000円10,400円
固定電話・スマホを全て内線化し、ビジネスホンと同じ機能をクラウドで完結する仕組みです。
クラウドビジネスホンの詳細はこちら

おとくライン・フリーコールスーパーとネコールフリーコールとの通話料金比較

ソフトバンクのおとくライン(フリーコールスーパー)とネコールフリーコールとの通話料金比較。

おとくラインのフリーコールスーパーとネコールフリーコールの通話単価比較表を作りました。
両サービス共に0120・0800番号がご利用できます。
通話単価の単純比較であり、月額料金やオプション料金などの固定費の比較はしておりません。

通話単価比較表
通話先距離区分おとくライン
フリーコールS
ネコール
フリーコール
割引率
固定料金
3分
県内 市内(区域内)8.5円7.5円11.8%
20km以内20円7.5円62.5%
20km~60km30円7.5円75.0%
60km~170km超40円7.5円81.3%
県外 20km以内20円7.5円62.5%
20km~30km30円7.5円75.0%
30km~60km40円7.5円81.3%
60km~100km60円7.5円87.5%
100km~70km80円7.5円90.6%
170km~80円7.5円90.6%
携帯料金
1分
30円15.9円48.3%
※おとくライン・フリーコールSの携帯料金は、おとくラインのWEBサイト上では90円/3分となっていたため、便宜上1分30円として計算しております。

※おとくライン・フリーコールS GOLDプランの場合は、固定電話の通話料金が全国一律料金となるためフリーコールSよりも安くなります。フリーコールS・GOLDプランとの価格比較表はまた後日作成します。

比較表は、2016年3月10日時点におとくラインWEBサイトに掲載されているものと比較したものです。

携帯電話からの着信通話料金が1分15.5円!0120フリーコールの通話料金削減。

0120フリーコールの着信通話料金を下げるためには携帯電話料金が肝
0120フリーダイヤル・フリーコールをお問合せ番号として利用されている事業者様の悩みの種は、
「携帯電話からの着信が多く通信コストが高くなってしまうこと」ではないでしょうか。

現にネコールのフリーコールをご利用中のお客様でも、特に一般消費者向けのサービス(通信販売、ガス、水道、引っ越し…など)を提供している会社様の場合は、発信元の端末の約90%が携帯電話からにというケースが多くみられます。

何故そのように携帯電話からの着信に偏るようになったのか、総務省発表の平成27年に発表した情報通信白書の「通信サービス加入契約者数の推移」から抜粋したグラフを見ると明らかです。
(単位/万加入)
グラフから、携帯電話の契約数は約1億5000万。固定電話はIP電話と合わせて約6千万と、今や固定電話を大きく上回ります。
単純な加入者数だけを比較すると固定携帯比率は5:2程度ではありますが、0120をご利用中の事業者様のサービス内容が一般消費者向けである場合は、約9割の発信元が携帯となる場合が多いようです。
ネコールフリーコールで、携帯着信通話料金を削減
固定電話からの着信:7.5円/3分(全国一律) 携帯電話からの着信:15.5円/1分
携帯電話からの着信通話料金は業界最安値です。(2016年2月自社調べ)
0120フリーコールの詳細に関しましてはネコールフリーコールをご覧ください。
携帯からフリーダイヤル・フリーコールへの着信通話料金比較
K社N社一般N社ひかりネコール
携帯電話からの通話料金20円/1分43.3円/1分39円/1分15.5円/1分
ネコールのフリーコールはK社比で33%、N社比で64%の通話料金削減率となります。

※K社は30秒、N社は3分単位での課金ですが、1分に単位に合わせて計算しております。
※2016年7月調べ