カテゴリー別アーカイブ: IP電話全般

Wi-Fi環境下でスマホIP電話アプリの通話が途切れる場合。

SIPアプリを使った03スマホの通話が途切れる原因
Acrobits SoftphoneなどのSIPアプリを利用した03スマホ、0120スマホをご利用されているお客様はネコールでも多いですが、Wi-Fi環境下で、通話が途切れたりノイズが走ったりする現象が報告されています。
原因としては、電話回線の問題やアプリの問題、通信環境の問題など様々考えられますが、多くの場合は通信環境の問題となります。
弊社は推奨通信環境として「キャリアSIMの4G接続」を推奨しています。では、なぜWi-Fiを推奨していないのか。この理由をWi-Fiの電波と携帯SIMの電波の特徴を比べながら書いていきたいと思います。
Wi-Fiは通信速度は速いが電波は弱い
Wi-Fiの電波の特徴
電波強度:弱い
通信速度:速い

携帯SIMの電波の特徴
電波強度:強い
通信速度:Wi-Fiに比べて遅い

通信速度が速いならWi-Fiの方が良いのでは?と思うかもしれませんが、SIP電話で通話する時に弊社が推奨する通信帯域は200kbpsと少ないため、それほど通信速度が必要ではなく、携帯SIMで十分と言えます。
Wi-Fiの電波強度と通信速度について
弊社内のWi-Fi環境下で、電波強度の強いところと弱いところでの通信速度を計測してみました。

電波強度の計測に利用したアプリ:Wi-Fiミレル
通信速度の計測に利用したアプリ:Wi-Fi SweetSpots

電波強度が強いところでの計測。

電波強度:81/100
通信速度:約30Mbps


電波強度が81/100のところでの通信速度は約30Mbps。
平均して速い通信速度が出ており、この環境下であれば音声が途切れることがありません。

電波強度が弱いところでの計測。

電波強度:18/100

通信速度:約0.1~0.2Mbps



電波強度が18/100と弱い場所での計測の場合、通信速度はわずか0.1Mbps~0.2Mbpsしか出ていませんでした。
SIP電話の通信で推奨される通信速度は200kbpsです。
1Mbps=1000Kbpsですので、0.1Mbps=100Kbpsとなり、推奨通信速度である200Kbpsに達していません。
このような環境では通話は途切れてしまいます。

Wi-Fiの通信速度は電波強度によって大きく変化するため、電波強度が強い特定の場所なら安定するが、電波強度の弱い場所に移動してしまうとたちまち通話品質が低下する恐れがある。ということがわかります。
推奨はキャリアSIMの4G接続。Wi-Fiなら電波強度の強い環境での利用を推奨。
Wi-Fiは通信制限などの心配がなく利用できるため、Wi-Fi環境下であればできるだけWi-Fiにつないでおきたいものです。
しかし、業務用のSIP電話としてスマホを利用する場合は、Wi-Fiに接続せずにキャリアSIMの4G接続で利用することを推奨しています。
キャリアSIMのデータ通信は、速度はWi-Fiほど速くはありませんが電波強度が強いため、常に安定した通信を行うことができます。
Wi-Fi環境下でご利用になる場合は、お客様宅内の電波強度などを調べて安定した通信環境を整備した上でご利用頂くことをお勧めします。


Fanvil X3Pのファームウェアをファイルから手動でアップデートする方法。

ファームウェアをアップデートする(最新ベータ版1.4系にアップデート)
今回は、ファームウェアを最新ベータ版(1.4系)にアップデートするために、「新しいアップデート(1.3.465)があります」という表示を無視しましたが、通常は最新にアップデートしていれば問題ありません。
1.
PCで管理画面にログインするために、まずは電話機に割り振られているIPを調べます。
「 >> 」の下のボタン(赤丸で囲っていある部分)を押してください。

2.
もう一度「 >> 」の下のボタン(赤丸で囲っていある部分)を押してください。

3.
「 i 」の下のボタン(赤丸で囲っていある部分)を押してください。
informationの「i」です。ここから電話機の情報を見ることができます。

4.
IPアドレスが表示されます。
このIPアドレスをPCのブラウザで入力することによって、電話機の管理画面にログインすることができます。

5.
ブラウザのアドレスバーにIPアドレスを入力します。
IPアドレスは先ほど電話機で調べた電話機に設定されているIPアドレスを入力してください。

6.
管理画面にログインします。
ユーザー、パスワード、言語を選択して管理画面にログインしてください。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

7.
管理画面にログインしました。
ファームウェアをアップデートするため、アップデートのタブ(青枠で囲まれた部分)をクリックしてください。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

8.
アップデートタブ
事前にダウンロードしていたファイルを選択してアップデートを行います。青枠で囲まれた部分をクリックしてファイルを参照してください。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

9.
アップデートタブ
ファイルを選択して開く(青枠で囲まれた部分)をクリックしてください。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

10.
アップデートタブ
「アップデート」(青枠で囲まれた部分)をクリックしてください。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

11.
アップデート中
「システムを処理しています。電話機を操作しないでください。」と表示されます。
電話機、パソコンには触れずにお待ちください。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

12.
アップデート中
電話機を再起動しています。
電話機、パソコンには触れずにお待ちください。 ※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

13.
アップデート中
再起動しました!
もうしばらく電話機、パソコンには触れずにお待ちください。 ※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

14.
アップデート完了
アップデートが完了すると、管理画面では「このページを表示できません」と出てきますので、更新ボタンを押してください。
ログイン画面が出てきますので、ユーザー・パスワードを入力してログインしてください。
次に、電話機の再設定を行います。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


Fanvil X3PにSIPアカウントを設定する方法

電話機に割り振られているIPを調べて、管理画面にログインします。
SIPアカウントの設定を行うために、まずは電話機に割り振られているIPを調べ、ブラウザから管理画面にログインします。
1.電話機のIPを調べる
PCで管理画面にログインするために、まずは電話機に割り振られているIPを調べます。
「 >> 」の下のボタン(赤丸で囲っていある部分)を押してください。

2.電話機のIPを調べる
もう一度「 >> 」の下のボタン(赤丸で囲っていある部分)を押してください。

3.電話機のIPを調べる
「 i 」の下のボタン(赤丸で囲っていある部分)を押してください。
informationの「i」です。ここから電話機の情報を見ることができます。

4.電話機のIPを調べる
IPアドレスが表示されます。
このIPアドレスをPCのブラウザで入力することによって、電話機の管理画面にログインすることができます。

5.管理画面にログインする
ブラウザのアドレスバーにIPアドレスを入力します。
IPアドレスは先ほど電話機で調べた電話機に設定されているIPアドレスを入力してください。

6.管理画面にログインする
管理画面にログインします。
ユーザー、パスワード、言語を選択して管理画面にログインしてください。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

7.管理画面にログインする
管理画面にログインしました。
次にこの電話機で発着信するためのSIPアカウントの設定を行います。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

電話機にSIPアカウントを設定する。
管理画面にログインができましたら、SIPアカウントを設定します。
1.SIPアカウントを設定する
左メニューのLineをクリックしてください。
基本設定>> と書かれたアカウントの設定画面が表示されます。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

2.SIPアカウントを設定する
青枠で囲まれた箇所に、アカウント設定情報を入力して、適用を押してください。
アカウントの設定情報は契約者様には別途お送りしております。セキュリティ保護のため一部モザイクをかけております。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

3.SIPアカウントを設定する
アカウントが正常に設定完了すると、電話機のランプが緑に点灯します。
発着信ができるかどうかテスト通話を行ってください。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

電話機の設定
着信音を変更する。
着信音を変更したい場合は、左メニューの「Line」を開き、「詳細設定」から「着信音タイプ」を変更してください。
その他の細かい設定もできますが、特に必要がなければそのままの状態にしておいてください。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

電話機の設定(機能)
左メニューの「電話機の設定」の「機能」タブを開いてください。
「割り込み通話を有効にする」のチェックを外してください。
「通話中のDTMFトーンの再生」のチェックを外してください。
「適用」ボタンを押してください。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

時間の設定
左メニューの「電話機の設定」の「時間/日付」タブを開いてください。
「タイムゾーン」が「UTC+8バンダルスリブガワン…」となっていますので、プルダウンメニューを開いて変更して下さい。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

時間の設定2
プルダウンメニューで「(UTF+9)平壌、札幌、ソウル、東京、大阪」を選んで「適用」を押してください。
しばらくすると電話機の時刻が変更されます。
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

ヘッドセットを利用する場合の設定
ヘッドセットを利用する場合は、左メニューの「電話機の設定」の「オーディオ」タブを開き、
「ハンズフリーボタンを押したとき、ヘッドフォンでの応対を優先する」にチェックを入れてください。
これにより、発着信時に電話機右下のボタン(スピーカー/ヘッドセットのアイコンが書かれたボタン)を押すとヘッドセットで通話することができます。 ※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

電話機のディスプレイ表示を日本語化する
1.電話機の表示を日本語化する
電話機側で言語を日本語化する。
電話機の設定画面に移動します。赤枠で囲っている部分を押してください。

2.電話機の表示を日本語化する
もう一度赤枠で囲っている部分を押してください。

3.電話機の表示を日本語化する
スパナのマークの下のボタン(赤枠で囲っている部分)を押してください。


4.電話機の表示を日本語化する
設定画面に入りました。
「 >> 」の下のボタン(赤枠で囲っている部分)を押してください。

5.電話機の表示を日本語化する
赤枠で囲っているボタンを押してください。

6.電話機の表示を日本語化する
言語を選択する画面が表示されます。現在「English」と表示されていますのでこれを日本語に変更します。
「鉛筆マーク」の下のボタン(赤枠で囲っている部分)を押してください。

7.電話機の表示を日本語化する
言語を選択する画面が表示されます。赤枠で囲っているボタンを押して日本語を選択してください。
(6回押すと日本語が出てきます。)

8.電話機の表示を日本語化する
日本語にチェックが入っていることを確認して、「✔」ボタン(赤枠で囲っている部分)を押してください。

9.電話機の表示を日本語化する
電話機ディスプレイの言語が日本語に変更されました。戻るボタンを押して終了です。



以上で基本的な設定は完了です。 初期化を行うと電話帳情報が消えてしまいますので、適宜再設定をお願いいたします。