クラウドPBXでビジネスホンが不要に。ネコールのクラウドビジネスホン

Necallのクラウドビジネスホンを利用すれば、従来のビジネスホンが不要に!

クラウドビジネスホン Necallクラウドビジネスホンは、会社内にビジネスホン機器を購入・設置することなく、内線・転送などのビジネスホンの機能を利用できるクラウド型サービスです。

クラウドビジネスホンを利用するメリット

  • ビジネスホン機器が必要ありません。
    ビジネスホン機能はクラウド設備で提供するのでビジネスホン機器を購入する必要がありません。
  • ビジネスホンの工事費がかかりません。
    設定済みの電話機をお客様宅に配送します。インターネットにつながったLANケーブルを挿せばすぐに利用できる状態ですので、訪問工事の必要がありません。
  • 電話機の設定が簡単で、お客様ご自身でもできます。
    Necallから送られてきた開通情報をもとに、お客様側で端末設定をすることも可能です。専門知識は必要ありません。
  • クラウドなので24時間365日保守。
    クラウドのセンターサーバーは24時間365日保守体制です。急な故障などにも冗長化により安定性を確保しています。
  • スマホでも利用可能です。
    スマートフォンを会社の固定電話同様に利用することができます。内線通話、転送などの機能もそのまま利用できます。
  • LANケーブルを挿すだけですぐにご利用開始できます。
    難しい設定などは必要ありません。LANケーブルを挿せばどこでも利用できます。
  • 離れた拠点間(東京・大阪・福岡など)もすべて内線化できます。
    拠点間の内線化はクラウドPBXの特徴のひとつです。内線化により拠点間通話が無料となります。拠点をまたいだ保留転送も可能ですので業務の効率化が図れます。
  • 移転しても工事不要で即日利用可能。(番号も変わりません)
    電話番号がクラウド上にあるため、移転してもご利用中の番号をそのまま継続してお使いになれます。
ネコールクラウドビジネスホンの活用例1

担当者が外出時でもスマホに内線転送で呼び出すことができます。

クラウドPBX内線転送
担当者が離席・外出中でもスマホに保留転送。
社内にいる時と同様に、取引先・お客様からの電話を切らないで担当者につなげることができます。

従来のビジネスホンでは外出中のスタッフを呼び出すことができません。 その場合の対応としては「戻り次第連絡します」「折り返し電話させます」「携帯電話にかけてください」 などがありますが、いずれにせよ取引先やお客様からの電話を一旦切らざるを得ません。
ネコールクラウドビジネスホンの活用例2

拠点間でも内線通話・内線転送ができます。

担当不在時の着信。従来のビジネスホンの場合
ネコールクラウドビジネスホンの活用例3

ロケーションフリー。他拠点の電話を別の拠点で発着信できる。

ロケーションフリー。違う拠点の番号でも発着信できる。
大阪の番号を設定した電話機を東京においておけば、大阪が不在、停電、災害などで一時的に電話業務を停止せざるを得ない場合でも、東京で電話業務を継続することができます。
着信時は転送電話ではなく、大阪支社にいるのと同様に着信しますので、転送料金もかかりません。
発信時は、大阪支社の番号で発信できます。
従来のビジネスホンでは着信だけなら転送電話で可能でしたが、ネコールのクラウドビジネスホンを利用すると、東京本社にいても大阪支社の番号(06番号)で発信することができます。

また、万が一大阪支社が大規模災害により事業継続が不可能な状態に陥った場合も、大阪支社にある電話機を電気・インターネット環境が生きている別の場所へ持って行けば番号が変わることなくそのまま大阪支社の番号で発着信ができ、業務を継続することができます。

Necallクラウドビジネスホンと従来のビジネスホンの導入費用比較

例)電話機5台の導入費用比較
Necall クラウドビジネスホン(新品) 従来のビジネスホン(中古)
新規導入費用54,200円 180,400円
※従来のビジネスホンを新品で購入する場合は、従来のビジネスホン導入費用の3倍以上と高額になる場合があり、比較対象とならないため、今回は中古価格との比較としました。
Necallクラウドビジネスホン(新品)
項目単価個数金額
IP電話購入費8,640円543,200円
回線初期費用3,000円13,000円
内線グループ初期費用3,000円13,000円
内線ID初期費用1,000円55,000円
 
 
 
 
 
初期費用合計54,200円
従来のビジネスホン(中古)
項目単価個数金額
ビジネスホン電話機購入費5,800円529,000円
ビジネスホン主装置購入費11,800円111,800円
スターユニット(10)購入費4,800円14,800円
リンガユニット購入費1,800円11,800円
主装置設定費19,800円119,800円
電話機設定費9,800円549,000円
データ設定費19,800円119,800円
出張費9,800円19,800円
回線初期費用3,000円13,000円
初期費用合計180,400円
※従来のビジネスホンの電話工事費は一般的な電話工事会社の価格を参考にしております。
工事業者や設置現場環境によって増減する場合があります。
導入後の保守体制・電話機増減時などの対応比較
ネコールクラウドビジネスホン従来のビジネスホン
電話機・回線の追加リモート対応(無料)現地訪問対応(有料)
設定変更リモート対応(一部有料)現地訪問対応(有料)
保守体制冗長化・24時間365日対応(無料)現地訪問修理・交換(有料)
設備解約時の支払購入のため不要購入のため不要(リースの場合は残債を一括支払い)
スマホでの利用不可
電話機の増減制限なし制限あり
従来のビジネスホンでは、修理や電話機の台数・設定変更などが必要な際は工事業者に出張して対応してもらわなければなりません。電話工事会社と工事可能日程によっては最悪の場合電話が数日使えないということにもなり、ビジネス的に大きなリスクとなります。
ネコールの設備は24時間365日対応ですので万が一の不具合の際もノータイムで対応可能です。

また、電話機の追加の際も従来のビジネスホンでは台数に制限があり自由に変更することができません。 規定の数を超えて追加する場合はビジネスホン装置の買い替えと再度電話工事が必要となります。
Necallクラウドビジネスホンなら同一回線で1台~500台まで制限なく追加することができます。
Necallクラウドビジネスホンと従来のビジネスホンとの月額費比較
項目単価個数金額
内線グループ利用料金1,500円11,500円
内線ID利用料金500円52,500円
チャンネル利用料1,200円56,000円
番号利用料100円1100円
月額費用合計10,100円
項目単価個数金額
内線グループ利用料-円
内線ID利用料-円
チャンネル利用料1,200円56,000円
番号利用料100円1100円
月額費用合計6,100円
従来のビジネスホンは、電話工事業者に保守費用を払っていない場合は機器の故障や設定の変更・電話機の追加などがない限りは月額費はかかりません。しかし、保守費用を支払っていない場合はもしもの時の対応はその都度対応となりますので日数・費用がかかります。
ネコールクラウドビジネスホンは、月額費の中にPBX保守費用が含まれ、保守対応は24時間365日対応となっております。
ネコールの電話回線は従来のビジネスホンでも対応可能ですので、導入費・ランニングコストの両方を加味した上で検討頂けますと幸いです。
Necallクラウドビジネスホンで利用できる電話機
  • Fanvil X3P
  • Grandstream GXP1610
  • Grandstream GXP2160
  • Fanvil X5
  • iPhoneなどのiOSスマートフォン・タブレット(LTE対応)
  • Android OSのスマートフォン・タブレット(LTE対応)
  • PC用ソフトフォン:Zoiperなど
  • ビジネスホン(ブロードバンドルーターユニット搭載可能な機種
その他の機種でも、SIP電話機でしたら概ね利用できます。
お申込み・見積もり依頼はこちら