秘書代行サービス様必見。在宅オペレーターの携帯電話への転送料金が9円。

在宅オペレーターの携帯電話への転送料金が9円/1分になります。
在宅オペレーターに電話受付業務を依頼している会社様で転送料金を気にされている場合が多いのではないでしょうか。
お客様がかけてきた固定電話番号から在宅オペレーターの携帯電話へ転送する場合は、IP電話なら17円~18円、一般加入電話の場合は90円/3分もの転送料金がかかることがあります。
転送イメージ
「お客様」→→→→「秘書センター」→→→→「転送」→→→→「在宅の携帯オペレーター」
この時の転送料金は秘書センター負担となります。この転送料金が安くなれば、
・秘書センターの利益が上がる。
・クライアントの利用料金を下げることができる。
等のメリットが生まれてきます。

ネコールの9円でんわプランなら、従来の携帯電話への転送料金17円/1分から9円/1分になるため、約48%の転送コスト削減となります。
ご利用料金
・1ch、1番号でのご利用料金
項目初期月額
基本初期費用3,000円0円/月
チャンネル利用料0円1,200円/月
番号利用料0円100円/月
転送機能のご利用料金0円0円/月
合計3,000円1,300円/月
通話料金固定電話:9円/1分携帯電話:9円/1分
※ 発信時の通話料金も 固定:9円/分 携帯:9円/1分となります。 ※ 転送先の端末(電話回線)はいくつでもご指定になれます。
導入に関しての注意事項
ネコールの9円でんわプランは、03番号のみでご利用になれます。
電話回線はIP回線です。
現在おつかいのビジネスホンもそのままご利用になれます。
ナンバーポータビリティはできませんので、新規発番となります。