0120ナンバーポータビリティでの電話回線切り替え工事の時に電話が止まらない方法。

ビジネスホンなどの設定変更・電話工事の時も電話を止めずに工事できます。

0120・0800ナンバーポータビリティでの回線切り替えの際は、ビジネスホン主装置の再設定などでどうしても時間がかかってしまい、その間電話が使えない状態となってしまうのが一般的です。
しかし、電話工事中に大切なお客様からの電話を取りこぼすことは、ビジネスチャンスの損失になります。
そこでネコール回線に切り替える際の電話工事の場合はIPフォンを無料で貸し出し、一時的に新回線の着信をIPフォンで受けられるようにして、その間に主装置の設定を行うようにしております。

電話工事手順

  1. 電話工事担当者が現場に到着
  2. IPフォンの設定を行う。
    ナンバーポータビリティが行われた瞬間から既存回線では電話が受けれなくなるため、事前にIPフォンで着信できるように設定しておきます。この時は既存の回線で電話が使えます。
  3. キャリア側でナンバーポータビリティが完了
    この時、既存の回線では0120/0800番号の着信が受けることができなくなりますが、IPフォンに新回線の設定を入れておりますのでIPフォンでお客様からの着信を受けることができます。
  4. ビジネスホンの設定
    IPフォンで電話が受けている間にビジネスホンの設定を完了させます。
  5. 設定完了
    今まで通り、同じ0120/0800番号で業務が再開できます。
※IPフォンは固定電話だけでなく、スマートフォンのアプリでも利用可能です。

ロケーション&デバイスフリーのネコールIP電話だからできる解決方法。

従来の電話回線は物理回線と電話番号が紐づいているため、その場所でしか電話を発着信することができませんでしたがネコールのIP電話は、電話番号がクラウド上にあるためSIPアカウントを設定すればいつでもどこでも利用できます。
電話を発着信する端末も、SIP電話機だけでなく、スマートフォンのアプリや、PCにインストールするソフトフォンでも利用可能です。
ビジネスホンが故障した際や、停電などの緊急事態でも、スマホや別の場所でも発着信可能となりますので、ロケーションフリー、デバイスフリーであることは電話ビジネスにおけるリスクの回避策としても非常に有効な手段となります。