月別アーカイブ: 2016年3月

ネコールIP電話はインターネット環境があればどこでも使えます。

会社の電話を自宅に持って帰ったら家でも会社番号が使える。
東京本社の電話を大阪支社に持って行ったら大阪で東京本社の番号で電話ができる。
固定電話って、その場所でしか使えないと思っていませんか?
従来のアナログ・INS電話は、電話線に番号が紐づいているので、その場所でないと使えませんでした。
しかし、ネコールのIP電話はSIPアカウントを電話機に設定するので、LANケーブルを挿せばどこでも利用可能です。

例えば、家で電話番をしないといけないなんてことがあった時に、会社の固定電話を自宅に持って帰ってLANケーブルを挿せば家で会社の電話番号で発着信できます。
WiFi対応のSIP電話機でしたらWiFiが繋がる環境下であればどこでも利用が可能です。
もちろんスマホのアプリにSIPアカウントを設定すればスマホでも発着信可能です。

例えば、東京と大阪に支店があり、東京のスタッフが少なくて受けれない時は大阪で取るというパターンがあった場合、東京番号のSIPアカウントを設定した電話機端末を大阪に送れば大阪でも東京の受付業務が可能となります。

今までは東京で10秒間無応答だった場合、大阪に転送するというような仕組みがとられてきましたが、その必要がなくなります。転送電話だと、東京から大阪までの通話料金がかかりますが、大阪で直接東京あての電話を取るわけですから転送料金もかかりません。

東京は東京、大阪は大阪でしか電話が取れない場合は、常に東京に3人、大阪に3人という風にシフトを調整しなければならなかったところが、東京0人、大阪5人という体制で受付業務を行うことも可能であり、人的コストの削減にもつながります。
(受付業務を大阪に任せて、東京は1週間社員旅行なんてこともできます。)

場所を選ばないからこそ、今までにない新しい電話の使い方ができるのではないでしょうか。
まだまだ弊社では想定できていない利用方法も多々あるかと存じますので「こんなことはできませんか?」などリクエストがありましたらお気軽にお問合せ下さい。

携帯・スマホで0120・0800フリーダイヤル・フリーコール発着信。

0120フリーコールが携帯スマホアプリで発着信できる=ビジネスチャンスを逃しません。
新規の問い合わせや注文を0120フリーダイヤル・フリーコールで受けているが、外出のため電話が取れずに貴重なビジネスチャンスを逃してしまっているということはありませんか?

0120・0800番号を受付番号としている会社は、03番号を受付番号としている会社に比べて、意識的に電話からの注文や問い合わせに重きを置いているものと考えます。それなのに、外出していたため電話が取れずに案件を取りこぼしてしまうのは非常にもったいないことです。

このような不在中の電話の取りこぼしを防ぐための対策としては、
・電話番となるスタッフを雇う
・電話代行サービスを利用する
・携帯電話に転送する
などの方法が考えられますが、いずれもコストがかかってしまいます。

ネコールの「0120スマホ」を利用すると、いつでも携帯電話でフリーコール問い合わせを受けることができますし、折り返しの電話も0120番号から発信することができます。
ネコールの0120スマホは転送電話ではありません。固定電話をそのまま外へ持ち出す0120スマホアプリ。
従来の転送電話:0120番号への着信を転送した場合…
エンドユーザーの携帯から0120番号へ着信した時の料金は15.5円/1分。
その番号を携帯に転送した場合、0120番号から携帯電話への転送料金が15.5円/1分。
フリーコールを転送すると、着信で2倍の通話料金がかかってしまいます。

ネコールの0120スマホは転送ではないので転送料金がかかりません。
ネコールの0120スマホは転送電話ではなくスマホアプリでデータ通信を利用して発着信するため、転送料金がかからず0120番号への着信料金だけですみます。

0120スマホのご利用方法
ネコールの0120スマホは、スマートフォンで使えるSIPアプリを利用して発着信を行います。
まずは、AppStoreやAndroidマーケットで以下のアプリをダウンロード、インストールしてください。

スマホで発着信するのに必要なSIPフォンアプリ(推奨)

iOS:Acrobits Softphone(日本語/有料) Zoiper(英語/無料)
Android:Acrobits Softphone(日本語/有料) Zoiper(英語/無料) CsipSimple(日本語/無料)

各SIPアプリの設定方法

インストールしたアプリに、契約した0120番号のアカウント情報を入力するだけでスマホから発着信が行えるようになります。
0120スマホのご利用料金
項目初期費用月額費用
基本初期費用3,000円0円
0120番号利用料2,000円2,000円
地域番号利用料0円100円
チャンネル利用料0円1,200円
合計5,000円3,300円

複数台でご利用したい場合。

例えば固定電話機2台・スマートフォン2台の合計4台でご利用したい場合、クラウドPBX機能を利用して内線化すれば全ての端末で発着信が可能となります。 固定電話機2台、スマホ2台、4chで利用する場合の料金例
項目初期費用月額費用
基本初期費用3,000円0円
0120番号利用料2,000円2,000円
地域番号利用料0円100円
チャンネル利用料0円4,800円
内線グループ利用料3,000円1,500円
内線ID利用料4,000円2,000円
合計12,000円10,400円
固定電話・スマホを全て内線化し、ビジネスホンと同じ機能をクラウドで完結する仕組みです。
クラウドビジネスホンの詳細はこちら

IP電話回線・クラウドPBX Necallとは

IP電話回線・クラウドPBXのネコールとは
電話回線のリセール(再販)サービスです。
回線リセール業とは、第一種通信事業者(キャリア)から電話回線を借り受けた電話回線を、第二種通信事業者が再販するという事業形態のことです。
回線リセールの場合は、多くの場合小分けして販売(1秒課金・1分課金)したり、通話単価を調整(6円でんわ・9円でんわ)したりなどの付加価値を盛り込み、サービスの差別化を図っております。
提供サービス概要
  • 企業様への電話通信コスト削減提案
    企業様より頂いた情報を元に、現在ご利用中の電話通信費のコスト削減提案を無料で行わせて頂いております。

  • 品質はそのままに、低価格での回線提供
    キャリアから業者間価格で回線を仕入れており、また販売価格の決定権を弊社が有しているため既存のサービスではできない課金体系、料金でサービス提供ができます。

  • クラウドPBX機能の提供
    スマホで固定電話番号の発着信ができるサービス。
    社内の携帯・固定電話内線化。
    IVR自動音声応答システムの提供。
    などの、クラウドPBXを利用した多彩なサービスを提供できます。

  • その他
    提携会社のCTIシステムの紹介、電話工事の取次、電話機器の仕入れ・販売等。

電話に関することでしたら何でもお気軽にご相談ください。

おとくライン・フリーコールスーパーとネコールフリーコールとの通話料金比較

ソフトバンクのおとくライン(フリーコールスーパー)とネコールフリーコールとの通話料金比較。

おとくラインのフリーコールスーパーとネコールフリーコールの通話単価比較表を作りました。
両サービス共に0120・0800番号がご利用できます。
通話単価の単純比較であり、月額料金やオプション料金などの固定費の比較はしておりません。

通話単価比較表
通話先距離区分おとくライン
フリーコールS
ネコール
フリーコール
割引率
固定料金
3分
県内 市内(区域内)8.5円7.5円11.8%
20km以内20円7.5円62.5%
20km~60km30円7.5円75.0%
60km~170km超40円7.5円81.3%
県外 20km以内20円7.5円62.5%
20km~30km30円7.5円75.0%
30km~60km40円7.5円81.3%
60km~100km60円7.5円87.5%
100km~70km80円7.5円90.6%
170km~80円7.5円90.6%
携帯料金
1分
30円15.9円48.3%
※おとくライン・フリーコールSの携帯料金は、おとくラインのWEBサイト上では90円/3分となっていたため、便宜上1分30円として計算しております。

※おとくライン・フリーコールS GOLDプランの場合は、固定電話の通話料金が全国一律料金となるためフリーコールSよりも安くなります。フリーコールS・GOLDプランとの価格比較表はまた後日作成します。

比較表は、2016年3月10日時点におとくラインWEBサイトに掲載されているものと比較したものです。

おとくライン(ソフトバンク)との通話料金比較。

ソフトバンクのおとくライン(通常料金プラン)とネコール6円電話との通話料金比較。

おとくラインの通話料金プランは、市外(県内県外含む)への通話は、通常価格から55%OFFとなります。
おとくラインは距離区分で料金が変動しますので、距離別の割引率を算出しました。
ネコールは固定電話への通話料金は全国一律料金ですので、6円でんわをご利用の場合は6円/3分です。
おとくライン、ネコール共に固定電話は3分あたり、携帯電話は1分あたりの通話料金です。

下表を見てわかるように、全ての区分においてネコールの通話単価の方が安くなるわけですが、通話先の分布によってはおとくライン通常価格比で90%以上割引となる場合もあります。通話明細などをご提出頂けましたら無料でコスト削減可能額をお出し致します。

しかし、業務用端末を全てソフトバンクでご利用している企業様の場合は、単純に固定電話料金が安くなるからと言ってネコールの方が良いとは限りません。ホワイトプランによりSB携帯や会社あての通話が無料になるなどのメリットもありますので、そのような場合は携帯料金を含めて総合的に判断する必要があります。

通話単価比較表おとくラインネコール割引率
通話先距離区分通常価格割引価格6円でんわ対通常価格対割引価格
固定料金
3分
県内 市内(区域内)8.58.56.029.4%29.4%
20km以内2096.070.0%33.3%
20km~30km3013.56.080.0%55.6%
30km~60km3013.56.080.0%55.6%
60km~100km40186.085.0%66.7%
100km~70km40186.085.0%66.7%
170km~40186.085.0%66.7%
県外 20km以内2096.070.0%33.3%
20km~30km3013.56.080.0%55.6%
30km~60km40186.085.0%66.7%
60km~100km60276.090.0%77.8%
100km~70km80366.092.5%83.3%
170km~80366.092.5%83.3%
携帯料金
1分
252515.936.4%38.0%

CSipSimple(Android) 設定方法・スマホで03番号発着信

ネコールのSIPアカウントをCSipSimpleに設定すれば、Android端末からアプリで03番号などの固定電話番号で発着信できます。
会社の固定電話あての電話もスマホで着信、折り返しの際も会社番号でスマホから発信できます。
取引先にも個人の携帯電話番号を教えることなく、いつでもどこでも連絡を取ることが可能となります。
03番号だけでなく、06、050、0120番号での発着信も可能です。

CSipSimpleをダウンロード

Google storeからCSipsimpleをダウンロードする。


CSipSimpleをインストール・アクセスに同意する。

CSipSimpleを立ち上げ、同意するをタップ。


CSipSimpleの簡易設定

図のようにチェックを入れて保存をタップ。※


CSipSimpleのアカウント追加

アカウントを追加をタップ。


CSipSimpleのアカウント追加2

一般ウィザード、Basicをタップ。


CSipSimpleのアカウント設定画面

アカウントを編集する画面に移動します。弊社から送付したアカウント情報をそれぞれ入力してください。
アカウント名は自分のわかりやすい名前で大丈夫です。


CSipSimpleのアカウント設定完了

登録済みとなったらOKです。


CSipSimpleのアカウント設定完了確認

登録した番号から発着信できるようになります。


元々携帯電話に入っているダイヤラーの履歴と同期したくない場合は「Androidと統合」のチェックを外してください。

使用はLTE、もしくはWiFi環境下でご利用下さい。3G環境下の場合、著しく音質が低下する場合がございますのでご了承下さい。
ネコールの03スマホアプリ ご利用料金
項目初期費用月額費用
基本料金(1ch 1番号)3,000円1,300円/月
合計3,000円1,300円/月
詳しくはこちら「スマートフォンで内線・03番号発着信」をご覧ください。
その他のSIPアプリの設定方法

秘書代行サービス様必見。在宅オペレーターの携帯電話への転送料金が9円。

在宅オペレーターの携帯電話への転送料金が9円/1分になります。
在宅オペレーターに電話受付業務を依頼している会社様で転送料金を気にされている場合が多いのではないでしょうか。
お客様がかけてきた固定電話番号から在宅オペレーターの携帯電話へ転送する場合は、IP電話なら17円~18円、一般加入電話の場合は90円/3分もの転送料金がかかることがあります。
転送イメージ
「お客様」→→→→「秘書センター」→→→→「転送」→→→→「在宅の携帯オペレーター」
この時の転送料金は秘書センター負担となります。この転送料金が安くなれば、
・秘書センターの利益が上がる。
・クライアントの利用料金を下げることができる。
等のメリットが生まれてきます。

ネコールの9円でんわプランなら、従来の携帯電話への転送料金17円/1分から9円/1分になるため、約48%の転送コスト削減となります。
ご利用料金
・1ch、1番号でのご利用料金
項目初期月額
基本初期費用3,000円0円/月
チャンネル利用料0円1,200円/月
番号利用料0円100円/月
転送機能のご利用料金0円0円/月
合計3,000円1,300円/月
通話料金固定電話:9円/1分携帯電話:9円/1分
※ 発信時の通話料金も 固定:9円/分 携帯:9円/1分となります。 ※ 転送先の端末(電話回線)はいくつでもご指定になれます。
導入に関しての注意事項
ネコールの9円でんわプランは、03番号のみでご利用になれます。
電話回線はIP回線です。
現在おつかいのビジネスホンもそのままご利用になれます。
ナンバーポータビリティはできませんので、新規発番となります。