クラウドPBXはスマホで?固定電話機で?PCソフトフォンで?ご利用端末別の初期費用例

クラウドPBXはスマホ・SIP対応固定電話機、PCソフトフォンでご利用頂けます。
ネコールの販売しておりますクラウドPBX電話サービスは、スマートフォン・SIP固定電話機・PCソフトフォンのいずれかでご利用可能です。クラウドPBXの初期費用は0円ですが、どの端末で電話の発着信を行うかで初期導入費用が変わってきます。
スマートフォンを利用する場合
スマートフォンを利用する場合は、SIPアプリというアプリをインストールする必要があります。
SIPアプリは、iOSのAPPStoreやAndroidのGooglePlayなどでダウンロード可能です。

SIPアプリは、無料のZoiperというアプリもありますが、弊社は有料のAcrobits Softphoneというアプリを推奨しています。
Acrobits Softphoneのダウンロード料金は、iOS版で840円、Android版で680円です。
既にお手持ちのスマートフォンでクラウドPBXを利用する場合は、ご利用端末数×アプリのダウンロード料金がかかることとなります。

仮に、10台のスマホ(iOS端末5台、Android端末5台)で利用する場合は、
840円(Acrobits Softphone iOS版)×スマホ5台=4,200円
680円(Acrobits Softphone Android版)×スマホ5台=3,400円
合計:7,600円
がスマホで利用する場合の初期費用となります。

スマホを新たに購入または契約する場合は、別途料金が必要となります。
スマホの手配につきましては、弊社では取り扱っておりませんので予めご了承下さい。

SIPアプリの設定は、お客様側で行って頂きます。
設定方法につきましては以下をご参照頂けますと幸いです。
Acrobits Softphone(iOS版)の設定方法
Acrobits Softphone(Android版)の設定方法
SIP対応固定電話機を利用する場合
クラウドPBXを利用する場合、一般的にはビジネスホンや家庭用電話機ではなく、SIP接続に対応した固定電話機を利用します。
SIP対応固定電話機とは、LANケーブルで接続するタイプの固定電話機です。

弊社推奨端末は、
GrandStream GXP1625(8,800円税込)
Panasonic KX-HDV130N(12,967円税込)
等がご利用頂けます。

SIP対応固定電話機をご利用の場合は、上記電話機の購入費が必要となります。
また、電話機はLANケーブルで接続することとなりますので、LANケーブルやハブなどインターネットに接続に必要な雑費が初期費用となります。
電話機の初期設定につきましてはご自身でも可能ですが、弊社に依頼することもできます。
弊社に依頼する場合は、3,000円/1台で承っております。
PCソフトフォンを利用する場合
パソコンにPCソフトフォンをインストールし、USBヘッドセットなどを接続して利用することができます。
PCソフトフォンは無料からご利用頂けるものもありますので、USBヘッドセットやマイク付きイヤホンなどをお持ちの場合は初期費用無料で導入可能です。
PCの購入費や接続に必要なLANケーブルなどは別途お客様側で準備して頂くこととなります。

弊社推奨のPCソフトフォンは「Zoiper」となります。
Zoiperはこちらからダウンロード可能です。

設定方法につきましては以下をご参照下さい。
zoiper(PC版)設定方法