ビジネスホンとクラウドPBXの機能面での違いを比較してみました。

ビジネスホンからクラウドPBXに。その前にPBXとは?
PBX(構内交換機)とは、複数の電話着信や発信を制御する機械のことです。通常の家庭用固定電話では1回線につき1台の電話機しか発着信できません。
複数の電話機で、複数の発着信を行ったり内線通話、保留・転送、通話録音などの機能を利用したりするためにはPBX装置が必要です。
通話を制御する装置として現在使われているものとしては、ビジネスホン(主装置)IP-PBXクラウドPBXの三種類があげられます。

ビジネスホンとIP-PBXは厳密にいうと機能面や規模に違いがありますが、今回はその違いには触れず、ビジネスホンとIP-PBXは「ローカルに設置するもの」として、クラウドPBXは「クラウドサーバー上に設置するもの」として、両者の違いを説明していきます。
ビジネスホン・IP-PBX・クラウドPBXで共通してできること。
PBXの機種により機能に違いはありますが、下記がPBXの一般的な機能となります。
  • 着信を複数の電話機で取ることができる。
    代表電話番号にかかってきた着信コールを、設定した複数の電話機で取ることができます。どこかの電話機で受話したら、他の電話機の着信コールは止まります。
  • 同時に複数の電話機で発信することができる。
    1つの番号で同時に発信することができます。電話営業などの業務で活用できます。
  • 内線通話ができる。
    内線ですので通話料金は0円。社内連絡で活用することができます。
  • 各種転送機能が利用できる。
    「無応答転送」一定時間着信に出なかった場合に他の番号に外線転送したり、ガイダンスを流したりできます。
    「ビジー(話中)転送」回線がビジー(話中)の場合に、他の番号に外線転送したり、ガイダンスを流したりできます。
    「時間外転送」指定した時間外の着信を他の外線番号に転送したり、ガイダンスを流したりできます。
    「内線保留転送」お客様からの着信を受けた後に、他の担当者に内線転送・取次を行うことができます。
  • 現状はビジネスホンを利用している会社が多いですが、徐々にクラウドPBXの利用する会社も増えてきています。次にクラウドPBX(クラコール)でできることをご紹介いたします。
    クラウドPBX(Clocall)でできること。
    一般的なPBXの機能を紹介しましたが、クラウドPBXでは追加で以下の機能が利用できます。

  • スマートフォンで利用できる
    スマホにSIPアプリをインストールすることで、スマホで代表電話番号宛ての着信を受話、または代表番号で発信することができます。発着信はデータ通信を利用して行うため携帯キャリアの4GやWi-Fi環境下であればどこでも発着信可能。 オフィスにいなくても電話を利用できますので、オフィスに縛られない働き方が可能となります。(在宅ワーク、働き方改革など)
    スマホのアプリは、AcrobitsSoftphone(アクロビッツソフトフォン)などが利用できます。
  • 遠方の複数拠点とも内線構築できる。
    東京、名古屋、大阪、福岡などの多拠点にわたって内線網を構築できます。PBXと違い、各拠点にPBX装置を置く必要がないので、他拠点内線を低価格で実現できます。
  • PCで利用できる。
    PCソフトフォンをインストールすることで、PCで発着信可能となります。発着信時はUSBヘッドセットなどを利用します。PCソフトフォンはzoiperなど無料から利用できるものがあります。
  • サーバー管理の全通話録音
    オプションで全通話録音が利用できます。録音内容はサーバー上で管理され、管理者としてアクセスすれば録音内容を試聴・ダウンロードすることができます。他拠点での発着信、社外や在宅ワーカーの発着信の内容も一元管理することができます。
  • データ通信を利用した音声通話
    クラウドPBXの音声通話は、データ通信を利用します。そのため、社内のインターネットが切断されたら電話が使えなくなります。 その反面、データ通信を行うことができれば音声通話を行うことができるため、社内の有線インターネット回線に限らず、携帯キャリアの4G通信やWi-Fi通信など様々なデータ通信手段で電話を利用することが可能です。
  • 1台から1000台まで利用可能
    電話機を1台単位で追加・変更できます。大規模PBX設備を利用しているため、1000台の電話機を繋いで使うことも可能です。
  • 初期導入コストが安い。
    ビジネスホンなら数十万円~、PBXなら数百万円~の初期導入コストがかかりますが、クラウドPBX(Clocallの場合)なら初期費用0円~導入可能です。 社員のスマホ端末を利用する場合は、端末の購入料金はかかりませんし、有料アプリのアクロビッツソフトフォンを利用したとしても、ダウンロードあたり数百円で利用開始できます。 SIP対応の固定電話機も8,000円程度で購入可能です。PCソフトフォンのzoiperなら無料から利用できます。

    参考料金表
    初期費用0円
    月額費用 項目単価個数金額
    ユーザー利用料980円/月1980円/月
    電話番号利用料 03・06・050番号100円/月1100円
    月額費用合計1,080円
    通話料金 固定電話への発信通話料金8円/3分
    携帯電話への発信通話料金16円/1分